当社の創業は明治37(1904)年。

創業者の後藤松次郎が、大阪で既製服製造販売業を始め、その後毛織物の卸商を
営んだのが始まりです。

毛織物は洋反物と呼ばれていた生地のひとつで、洋服をつくるために海外から輸入されて
いました。当時、軍隊の施設が多く集まっていた大阪城跡(天守閣の再建前)周辺に
近いため、谷町筋には洋服関係の業者が軒を連ねていました。
初めは軍服によく使われた羅紗(らしゃ)を扱う店が多かった所以です。

(株)アソシエ(旧 後藤松)は、大正8年には高級紳士服地の卸を始めるなど、
洋装化が始まった近代に、いち早く服地を扱うことで洋服普及を基盤で担ってきました。

以来、紳士服の縫製や、婦人服飾の輸入へと拡張しながら、当社は日本のファッションの
歴史とともに歩んできたのです。いたずらに時代の変化に合わせるでもなく、事業を拡大する
でもなく、あくまでも真摯に本業を守りぬき、谷町にとどまりながら激動の世紀を越えてきました。

その100年の間に当社には蓄積された資源があります。海外の良質な素材を扱うことで
確かなものを見る目を養い、お客様一人ひとりとの関係を大切にするなど、ものづくりと
販売の現場で信頼を築き商売していく姿勢を培ってきました。

また、ていねいにつくることで技術や品質管理の確かさも育まれてきました。淘汰され
生き残るものには洗練さが備わります。現状のマーケットを見据えると、私たちが取り組むべき
余地は充分に残されているようです。上質で、確かなものに対するキャリアが私たちにはあります。

こうした歴史をもつ資源をさらに生かし、ファッションを通して時代に合ったベーシックな価値を
生み出してゆくことこそ、アソシエの使命なのです。
▲谷町筋界隈の移り変わり
▲明治22年発行、大和国商工便覧に
掲載された後藤松次郎の案内